相続税申告は千葉の【税理士法人心 千葉税理士事務所】まで

税理士法人心

お役立ち情報

相続税の課税対象となる財産

  • 文責:所長 税理士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年8月31日

1 相続税の課税対象となる財産にはどのようなものがあるか

相続税がかかる財産にはどのようなものがあるのでしょうか。

金銭的価値があるものはすべて相続財産ですので、相続税の課税対象となります。

反対に、借金などのマイナス財産は、相続税の計算の際に差し引くことができます。

2 相続税の課税対象となる相続財産の種類

相続税の課税対象となる相続財産としては、まず、土地や建物などの不動産があります。

この不動産には、自宅土地建物だけでなく、貸家、貸宅地、店舗、田畑、山林などがあります。

次に、現金、預金があります。

株式や、投資信託、公社債などの有価証券、貸付金、売掛金などの債権、被相続人が個人事業主の場合は、棚卸資産や一般動産等の事業用財産も相続財産に当たります。

その他、自動車、家具、貴金属・宝石等の家庭用動産や、ゴルフ会員権、電話加入権、特許権や著作権などの知的財産権も相続税の課税対象になる場合もあります。

3 みなし相続財産も相続税の課税対象となる

みなし相続財産とは、被相続人が直接遺した財産ではないものの、実質的には相続や遺贈によって取得したことと同様な経済的効果があると認められる財産として、相続財産とみなされるものをいいます。

みなし相続財産は、相続税の課税対象となります。

みなし相続財産に当たるものとして、生命保険金、死亡退職金、個人年金など定期金に関する権利などがあります。

4 生前に贈与した財産に相続税がかかる場合も

生前贈与があった場合、過去全ての生前贈与が課税対象となるわけではありません。

もっとも、相続開始の3年前までに贈与された財産や相続時精算課税制度を利用して生前に贈与された財産にも相続税がかかります。

5 相続税がかからない財産にはどのようなものがあるか

財産の性質や社会政策的観点などから相続税の課税対象とならない財産もあります。

具体的には、墓地・お墓、仏壇・仏具、神棚・神具などや、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額などがあります。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ